第57回ボートレースクラシック2022の見どころや予想

第57回ボートレースクラシック2022

今年開催される第57回ボートレースクラシック2022の見どころを解説していきたいと思います。

今年はボートレース大村ナイター開催です。
現状わかっている出場選手や、開催競艇場の特徴などを詳しくご紹介していきたいと思います。
(現状では地区戦優勝者はまだ決まっていないので、そちらを除いた情報になります。)

開催期間

2022年3月16日(水)~21日(月)の6日間

出場予定選手

登録番号選手名階級支部勝率
3557太田和美A1大阪7.08
3573前本泰和A1広島7.62
3590濱野谷憲吾A1東京8.10
3623深川真二A1佐賀7.65
3719辻栄蔵A1広島7.62
3743林美憲A1徳島7.29
3779原田幸哉A1長崎7.30
3783瓜生正義A1福岡7.60
3897白井英治A1山口8.36
3941池田浩二A1愛知8.50
3942寺田祥A1山口7.46
3946赤岩善生A1愛知7.82
3959坪井康晴A1静岡7.64
4013中島孝平A1福井7.31
4028田村隆信A1徳島7.49
4061萩原秀人A1福井7.14
4075中野次郎A1東京7.22
4155長野壮志郎A1福岡6.23
4168石野貴之A1大阪6.31
4174赤坂俊輔A1長崎7.73
4238毒島誠A1群馬8.38
4266長田頼宗A1東京6.89
4297山田哲也A1東京6.82
4337平本真之A1愛知7.60
4344新田雄史A1三重7.20
4371西山貴浩A1福岡7.29
4388是澤孝宏A1滋賀6.25
4398船岡洋一郎A1広島6.66
4415下出卓矢A2福井6.00
4418茅原悠紀A1岡山7.54
4427秦英悟A1大阪7.68
4444桐生順平A1埼玉7.89
4450平高奈菜A1香川7.35
4468大池佑来A1東京6.86
4482守屋美穂A1岡山7.56
4502遠藤エミA1滋賀7.30
4504前田将太A1福岡7.31
4522古澤光紀A1福岡7.03
4561藤山翔大A1大阪6.65
4573佐藤翼A1埼玉7.34
4586磯部誠A1愛知7.90
4686丸野一樹A1滋賀7.23
4688永井彪也A1東京6.68
4719上條暢嵩A1大阪7.39
4757山田祐也A1徳島7.02
4759今泉友吾A1東京6.33
4760山崎郡A1大阪7.80
4787椎名豊A1群馬7.08
4816村松修二A1広島7.39
4831羽野直也A1福岡7.48
4928栗城匠A1東京6.46
4933板橋侑我A1静岡6.22

ボートレースクラシック概要

ボートレースクラシックとは、昔は総理大臣杯と呼ばれていたレースで、優勝賞金はなんと3,900万円SGの中でも2番目に高額な賞金のレースになっています。

なお2着以下は、2着1,650万円、3着1,050万円、4着800万円、5着700万円、6着650万円となっています。

ボートレースクラシックはGRANDE5と呼ばれており、5大競争の1つになっています。

「クラシック」「オールスター」「メモリアル・ダービー」「グランプリ」を総称してGRANDE5と呼ばれており全て制覇した選手には3億円のインゴットが授与されます。

インゴットとは?
精錬された金属に圧延などの加工を施し、再溶解に適した形状と大きさにした鋳塊のことです。
形状は、厚板形やなまこ形が多く見られます。
インゴットは、「ゴールドバー」と呼ばれることもあります。
金を鋳型に流し込み、固めて作ったものには変わりはありませんので、同じ金の固体を指す言葉です。

インゴット
※インゴットイメージ

また、平成26年度以降、SGレースの優勝者にはメダルが授与されます。
優勝賞金もさることながら、このメダルも各レーサーにとっては大変価値あるものだと思います。

メダル授与対象レース
ボートレースクラシック
…1年のSGシリーズの開幕を飾るSG競走。

ボートレースオールスター
…ファン投票によって出場選手を決定することから、「ファンが作ったファンの為のSG競走」とも称される。

ボートレースメモリアル
…開催場の含めた全国の各ボートレース場から推薦で選手が選ばれることから、「ボートレース甲子園」とも呼ばれる。

ボートレースダービー
…SGシリーズの中でもっとも長い歴史と伝統を誇るSG競走である。

グランプリ
…その年の活躍したボートレーサーが賞金1億円をかけた最高峰のSG競走である。

メダルイメージ
※メダルイメージ

「プラチナ」(約315万円)・・・プラチナ363g、純金64g
「金」(約260万円)・・・純金391g
「銀」(約87万円)・・・純金64g、純銀180g
「銅」(約80万円)・・・純金64g、銅156g
中央地金の厚さ:3mm、外枠地金の厚さ:5mm、直径:70mm

2021年度のボートレースクラシック

昨年は石野貴之選手が優勝を果たしました。

過去大会2連覇を成し遂げたのは、吉川元浩選手西島義則選手の2名しかいないため、2022年度の今大会では石野選手の大会連覇に注目が集まりそうです。

A1 石野貴之

平均ST 0.17
勝率 6.31
複勝率 39.8

ボートレースクラシック出場条件

ではボートレースクラシックの出場条件を簡単に解説したいと思います。

出場できる選手は

・前年度の優勝者
・グランプリ優勝戦メンバー
・前年のSG、G1、G2の優勝者
・G3以下での優勝回数上位者

というふうになっています。
そう考えると相当実力がないと出れないレースだという事がわかっていただけると思います。

ボートレース大村の特徴

次に今回開催されるボートレース大村の特徴をお伝えしていきたいと思います。

大村競艇といえばボートレースファンが大体知っている特徴として、インが24場の中で1番強いと言ってもいいほどインがききます。

逆に大外の6コースからの勝利はよっぽど展開が向かない限り難しいでしょう。
なので、インに多少機力劣勢の選手が入っても、スタートさえしっかり決めてしまえば逃げ切る可能性は高くなります。

逆に大外に節一クラスの選手が入っても展開向かない限り1着になる事はほとんど無いです

そういう時は2.3着で舟券を買うのがセオリーになってくるでしょう。

そして大村の水面は広い為、静水面であれば記念クラスになるとスピード戦が見れるので迫力があります。

ボートレース大村競艇場の特徴を理解して予想精度を上げよう!

今年初出場選手

今年初出場の選手は、大池佑来、栗城匠、佐藤翼、板橋侑我、椎名豊、山田祐也、山崎郡、藤山翔太、船岡洋一郎、秦英悟。
この10名がボートレースクラシック初出場になります。

ベテラン域で初出場なのは船岡だけで、後の9名はここ数年前までルーキー戦を走っていたような選手ですが、今は艇界を代表する若手選手や今後まだまだ成長するであろう選手達です。

藤山翔太や山崎郡は大阪支部を代表する選手になっています。

そして佐藤翼は埼玉支部では桐生順平に並ぶぐらいの人気がある選手に成長しています。
初出場の選手が今回のボートレースクラシックを盛り上げてくれそうな面々です。

連続出場選手

続いて、連続出場選手を何名かご紹介したいと思います。

まずは前年覇者の石野選手
石野選手は3年連続出場中。

そして凄いのが毒島選手10年連続出場中
やはり艇界トップレベルの選手だけありますね。

色々と今話題の峰選手は2年連続9回目の出場です。
※峰竜太選手は欠場になりました。

そして広島の支部のエース前本選手と埼玉支部のエース桐生選手が9年連続出場

凄い選手は何年経っても凄いですね。
そこに若手の初出場の選手が挑んでいくのですから今年のボートレースクラシック誰が優勝するのか今から楽しみですね。

  • 圧倒的な分析力・情報量・システム技術で安定の競艇投資を提供

    競艇予想サイト競艇投資ハイクラス

    競艇投資ハイクラス

    的中実績

    • 6月25日

      桐生1R → 児島11R

      25万4,040円

    • 6月25日

      児島8R → 丸亀3R

      36万5,400円

    • 6月24日

      平和島7R → 若松3R

      20万4,980円

ボートレース大村のモーター

勿論選手も気になりますが、ボートレース大村のモーターも気になります。
まだ開催まで日があるので1月末現在でのモーター状況をお伝えできればと思います。

注目モーターを何機かご紹介していきたいと思います。

29号機

大村でエース機として注目なのが29号機。
現状このモーターで乗った選手は伸び出足共に◎がつくぐらいのモーターになっている。
このモーターを引いた選手には注目したい。

21号機

このモーターは非常に出足が良い
赤坂が連勝で勝った時もそうだし、村上が勝った時も出足が強力なモーターだ。
今後どのような変化をするのか。

36号機

去年末に高倉が伸びを仕上げてから出だしたモーターだ。
その後も伸びは抜群でプラス行き足も抜群になってきて、1月に村上が優勝しているモーターなので、この後も期待が持てるモーターだ。

72号機

整備巧者が乗り継いだモーターなのでメキメキと成績を上げているモーターになる。
実戦足のいいモーターなので、道中追い上げが効くモーターなので、捌きがうまい選手が乗ると曲者になるモーターだ。

17号機

年末に原田が仕上げて優勝戦まで進んだがインから敗れてしまい未だに優勝なし。
しかし足はいいので今後は優勝する日も近いモーターにるだろう。

過去10年の配当

過去の配当はどうなのか、調べてみました。
ここでは直近10年の2連単と3連単の配当を載せておきます。

2021年 2連単:260円 3連単:800円

2020年 2連単:490円 3連単:2,400円

2019年 2連単:610円 3連単:3,120円

2018年 2連単:4,910円 3連単:25,140円

2017年 2連単:1,360円 3連単:4,280円

2016年 2連単:680円 3連単:2,480円

2015年 2連単:690円 3連単:2,280円

2014年 2連単:1,960円 3連単:7,390円

2013年 2連単:440円 3連単:1,090円

2012年 2連単:1,310円 3連単:3,610円

予想

ボートレース大村競艇場の特徴を理解して予想精度を上げよう!

まとめ

いかがだったでしょうか。
少しでもみなさんのお役に立てたら嬉しく思います。

峰竜太選手が欠場のため楽しみが減ってしまいましたが、熱い戦いになることは間違いなし。
そんなボートレースクラシックをぜひ皆さんで楽しみましょう!

「こんな記事を書いてほしい」、などありましたらtwitterのDMにてお寄せください。
できる限りお声に応えたく思います!

 にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ

競艇予想に迷ったら

悪徳競艇予想サイトだけは絶対に登録しないでください。
80以上の競艇予想サイトを検証して、『実際に稼げた優良競艇予想サイト』のみを紹介しています。

本当に稼げた!優良競艇予想サイト

お奨め競艇予想サイトの評価基準

  • 各サイト無料情報30以上、有料情報10以上検証し実際に稼げたサイト
  • 他の口コミサイト約30サイト検証で高評価を得ているサイト
  • 問合せ等のサポート体制がしっかりしていたサイト
  • 競艇予想サイト競艇ロックオン

    ロックオン

    的中実績

    • 6月25日

      常滑10R → 常滑11R

      58万4,970円

    • 6月25日

      下関2R → 下関3R

      32万6,910円

    • 6月25日

      唐津7R → 唐津8R

      27万3,310円

  • 競艇予想サイトシックスボート

    SIXBOAT

    的中実績

    • 6月25日

      丸亀2R → 丸亀6R

      208万8,220円

    • 6月25日

      桐生5R → 桐生8R

      176万7,040円

    • 6月25日

      桐生3R → 桐生4R

      60万3,470円