【競艇あれこれ】競艇SGレース出場資格

競艇コラム

先日お話しした、競艇のSGレースについて今回は深く掘り下げていこうかと思います。

まずSGレースに出れる選手は、競艇選手の中の一握りの選手しか出る事が出来ません。
各レースレベルは相当高く優勝するのも一苦労です。
その中で各SGレースで出場資格があったりしますので、詳しくご説明していきます。
最低条件としてA1級である事が条件にはなります。
※中にはA1級でなくても出場可能なSG競走もあります。

・ボートレースクラシック

boatrace_classic

クラシックの出場条件としては、前年度1/1から12/31日までのSG、G1、PG1、G2の優勝者、が出場できます。
そして、前回の優勝者と前年度のグランプリ優勝戦メンバー、G3以下の優勝回数上位者も出場できます。

・ボートレースオールスター

boatrace_allstar

オールスターはファンから投票されたレーサーが出場できるSGレースになっています。
SGの中では一番出場しやすいレースではありますが、人気がないと出場する事が出来ません。
ファンが投票期間に各競艇場やボートピアなどで投票を行います。
(プロ野球でいうオールスター投票と流れは一緒です。)
上位から40人がファン投票で出場資格を貰えます。
上位6人は初日のドリーム戦にも出場するようになります。

・グランドチャンピオンシップ

boatrece_grandshampionship

グランドチャンピオンシップはSGの中でも非常に出場しにくいレースになっていると思います。
出場条件としては、選考期間のSG予選得点上位者のみ出場出来る大会になっています。
選考時期は、前年度の4/1〜開催年の3/31日までになっています。
他の出場条件としては、前年のグランプリ優勝戦出場者、前年のグランドチャンピオンシップ優勝者、選考期間のSG優勝戦完走者となっています。

・オーシャンカップ

boatrace_oceancup

オーシャンカップは結構ナイター開催が多いSG競争になっていますが、最近はデイ開催も多くなっています。

では、オーシャンカップの出場条件は、前年5/1〜開催年の4/30までのプレミアムG1、G1、G2競走の着順得点上位者、得点は1着10点、2着9点、3着6点、4着5点、5着4点、6着3点になっています。
その他は前年度の優勝者、グランプリの優勝戦出場者、直前のSGグランドチャンピオンシップの優勝者になっています。

・ボートレースメモリアル

boatrace_memorial

ボートレースメモリアルの出場条件は、開催競艇場以外の競艇場から推薦者2名づつの46名。
後は開催競艇場が希望する選手。
直前のSGオーシャンカップの優勝者。前年のグランプリの優勝戦出場者。
後は前年度の優勝者です。

・ボートレースダービー

ボートレースダービーは競艇でも一番古く格式高いSG競走になっています。
出場資格としては、選考期間の勝率上位者(前年8/1〜開催年7/31まで)前年のグランプリ優勝戦出場者、前年のダービー優勝者、直前のボートレースメモリアルの優勝者となっています。

・チャレンジカップ

boatrace_challengecup

チャレンジカップは次のグランプリ・グランプリシリーズの出場をかけたトライアルレースになっています。
ここで賞金ランキングが入れ替わる事が結構あります。
出場資格としては、1/1〜10/31までの賞金ランキング上位者になっています。

・グランプリシリーズ

boatrace_gramdprix

グランプリに出られなかった、賞金ランキング19位から60位までの選手はシリーズ戦に出場出来ます。
勿論ですが、フライング休みなどが重なる場合は出場できません。
勿論女子レーサーも上位に入れば出場可能です。

・グランプリ

1986年に創設されたグランプリは、競艇選手が目指す最高峰の戦いになります。
出場資格としては、1年間チャレンジカップ終了時の、賞金ランキング上位18名のみ出場出来るレースになっています。
優勝賞金も破格の1億円、ボートレーサーはここを目指して日々戦っていると言っても過言ではありません。
そして来年のSG競走(チャレンジカップ、グランプリ除く)に優先出場権が得られます。 

GRAND5

SG競走ではないですが、2013年以降、ボートレースオールスター・ボートレースメモリアル・ボートレースダービー・ボートレースクラシック・グランプリ全てを優勝したレーサーに3億円相当のインゴットが送られます。

まだ達成したレーサーはいませんが、誰が初めてのグランドスラムを達成するのでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

SG競走出場資格は並大抵の選手では出場出来ない競走になっています。
A1級を維持するのでも大変だと思うのですが、毎回SG競走に出場しているレーサーもいるので凄い努力だと思います。

今後もトップレーサー達のレースSG競走を楽しんでいきましょう。
そして今後はGRAND5を達成するレーサーも出てくるかもしれませんので皆さんの目で達成の瞬間を見届けましょう。
2020年も皆さんで競艇を盛り上げていきましょう。

2020年、競艇を思いっきり楽しむためのマストサイト
<圧倒的な的中率と回収率を誇る競艇情報サイト>

口コミを書く

不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)