競艇と探偵ナイトスクープ

タイトルを見て、『全く結びつく事がないタイトル…』と思われた方もいれば、『あーなるほど』と思われた方もおられると思います。

これは数十年前に一つの依頼から生まれたある少 年とボートレーサーのストーリーです。

競艇が好きすぎる少年からの依頼 2003年にとある少年からの探偵ナイトスクープ に6歳の少年から、1つの依頼が届きまし た。

その内容は競艇のボートに乗ってモンキーターンがしたいという内容でした。
担当した 探偵は多分、石田靖さんだったと思います。
私自身もその回はリアルタイムで見ていまし た。
選手の写真を見ただけで選手名を当てたり、その選手の特徴を言ったりと知識レベルが 6歳の少年とは思えないものでした。

少年に心打たれたディレクターや競艇場職員、当初は6歳の少年なので、おもちゃのボートに乗せてというような考えもあったみたいです が、少年にあって知識量や情熱に心を打たれたのか、本物のボートそして、ちゃんとした競艇場でやろうという事になったみたいです。

が、競艇職員は安全上の理由から子供がボートに乗ってモンキーターンをするのは非常に危ないと危惧しましたが、競技委員長の許可が出れ ばOKという事になり、教官が基礎知識を研修しようとすると全て少年は知っていて回答を先回り。

そして競技委員長からOKが出て、練習し本番の時、勿論一人ではボートに乗れな いのでペアボートでの挑戦、その操縦を担当したのが当時レーサーだった水野要選手。

少年は当時水野選手の特徴はモンキーターンが下手くそと言っていたので、その辺は探偵ナイト スクープらしいですよね。

そして最後は尼崎競艇場で見事にモンキーターンを決めて、依頼は終了しました。

数十年後に夢見た競艇選手そしてデビュー戦 その探偵ナイトスクープ の時は6歳の小さな少年でしたが、競艇学校を卒業し、数十年後の 2018年にプロのボートレーサーとしてデビューしました。

そして、デビュー戦勿論新人な ので6コース周りになりますが、その時の1号艇には、探偵ナイトスクープのペアボートで操縦を務めた水野要選手、その時の実況もなんとも言えない実況だったのを覚えています。

« ぺこBOATRACEチャンネル 様より引用»

水野要選手引退

数原選手に夢を与えてくれた、水野選手は2019年に引退されました。

尼崎競艇場 で引退セレモニーが行われ、その引退セレモニーに数原選手も登場して競艇選手になるまでのお話をされてましたが、探偵ナイトスクープに出た後から水野要選手が出るレースの前の前検日や、一節が終わった後の出待ちを小さい時はしてたみたいです。

大きくなってからは、競艇場でアルバイトをしながら、水野要選手にも声をかけたみたいで、その時は水野選 手も覚えてくれてたみたいです。

競艇学校にはなかなか受からず5回目の受験でようやく合格。
水野選手は引退セレモニーで数原選手がプロになるのを待っていたみたいですね。

そして、デビュー戦の時も数原選手が出るのであればと斡旋を受けたみたいです。 現在の数原選手 現在の数原選手はまだ、デビューして1年程しか経っていないので、1番下のクラスのB2選手で上を目指して頑張っています。

勿論優勝もした事もありません。
目標の選手は瓜生選手だと言っていて、4年後にはA級に上がって、新人王を取りたいとおっしゃていますのでそ のようになるのかがこれから楽しみですよね。

最後に

人生何かしらの転機はあると思いますが、数原選手は探偵ナイトスクープ に応募して、水野選手と出会った事が人生の転機だったんでしょうね。

いい先輩を持ったと思います。
水野選手はもう引退してしまいましたが、今後は数原選手が子供たちに夢を与えてあげれるよう な選手になる事を期待したいと思います。

口コミを書く

不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)