競艇のモンキーターンのモデル選手

競艇漫画のモンキーターンといえば、競艇好きから競艇バイブル漫画と言われています。
そんなモンキーターンですが、登場人物にもモデルになった選手がいます。
今回はそんなモンキーターンの登場人物とモデルになった選手をご紹介したいと思います。
まだ読んだことない方は読んでみて下さい。
そして今から競艇をやってみたいと思われる方は読むと競艇の事がわかるので漫画としてもオススメですよ。

波多野憲二

漫画モンキーターンの主人公である波多野憲二のモデルは現在東京支部で、A1選手として活躍する濱野家選手がモデルになっています。
波多野憲二は主人公なので常に物語の中心にいます。
波多野がどんなレーサーなのかはみなさんの目でモンキーターンを見てください。
濱野家選手は東京支部所属で、現在もG1やSGと言う大舞台で活躍されている選手です。

洞口雄大

モンキーターンの主人公の波多野憲二のライバルとして数々のレースでバトルを繰り広げる洞口選手のモデルは愛知支部所属の現在A1レーサーの仲口選手がモデルになったと言われています。

洞口選手はお父さんが愛知の巨人と言われるほどのベテランレーサーで若手の波多野と壮絶なレースを演じたりと若手にはまだまだ負けないレーサーです。
そんな父を持つ洞口雄大も競艇のエース街道を進んでいくレーサーです。

青島優子

波多野と同期でモンキーターンのヒロイン的な役目の青島選手は一人の選手がモデルではなく二人の選手がモデルになっています。
福岡支部所属の現在、A1レーサーのグレートマザーこと日高逸子選手、そしてもう一人のモデルは埼玉支部所属の現在A1レーサーの中里優子選手がモデルと言われています。

榎木祐介

榎木祐介選手のモデルは、今は現役を引退しましたが、現役時代は艇王と言われた植木通彦選手がモデルになっています。
モンキーターンの中でも特に強く波多野憲二の強豪として描かれています。

櫛田千秋

櫛田千秋選手のモデルは、現在岡山支部所属のA1レーサーの寺田千恵選手がモデルになっています。
モンキーターンの櫛田選手は女子の中でも圧倒的な強さを誇っています。
当時の寺田選手も同様に女子選手の中では数々のタイトルを取ったりと輝かしい成績を収めていました。

潮崎俊也

潮崎俊也選手のモデルは、現在記念級のA1レーサーので群馬支部所属の山崎智也選手がモデルになっています。
モンキーターンの潮崎選手はイケメンレーサーとして人気ですが、モデルの山崎選手もイケメンレーサーとして人気で、元競艇選手の横西奏恵選手と結婚してその娘さんが今競艇選手としてデビューしています。

犬飼軍志

犬飼軍志選手のモデルは現在は引退しましたが、引退する前は愛知支部所属のA1レーサーの大嶋選手がモデルになっています。
大嶋選手は今は引退したレーサーですが現役当時はA1レーサーとして1999年のSGグランドチャンピオンシップなどを優勝しているレーサーで、2017年に現役引退されました。

蒲生秀隆

蒲生秀隆選手のモデルは現在A1所属の岡山支部所属の山室選手がモデルになっていますと言われています。

浜岡猛

モンキーターンの主人公波多野の先輩の浜岡選手のモデルは、東京支部所属のA1レーサーの矢後選手だと言われています。

まとめ

いかがでしょうか、ざっと有名どころでいくとこんな感じです。

他にも脇役などで少し名前をもじって登場する選手もいるので、まだモンキーターンを見たことない方ははこの機会に是非見てください。
競艇の勉強にもなりますし、漫画としても面白いです。
色々なレーサーが出てくるので知ってるような感じで見れるのも面白いですよ。
是非見てください。

口コミを書く

不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)