競艇の決まり手について

競艇コラム

今回は競艇の決まり手についお話ししていきたいと思います。

競艇をされてる方なら、決まり手なんてわかっていると言う方もおられると思いますが、今から始めようと思っている初心者の方にはどんな決まり手があるのかわからないと思いますので、ご説明していきたいと思います。

決まり手とは

まず決まり手とはなんなのでしょうか?
1着になった選手が、どのような勝ち方をしたかと言う言葉になってます。
競艇をする上で、知っとかなくてはならない物になっています。
なぜかと言うと勝つと予想する選手がどのような勝ち方をするかで、予想が変わってくるからです。
ではどのような決まり手があってどのような物なのかご説明していきたいと思います。

逃げ

競艇決まり手逃げ

逃げとは、インコースを取った選手のみに適用される決まり手です。
そして一番見る機会の多い決まり手だと思います。
インの選手が、1マーク誰にも抜かれる事なく最後まで1着でゴールする事を逃げと言います。

差し

競艇決まり手差し

差しとは、ターンマーク最内から回って、前の艇の内に入り、そのまま1着になるという決まり手です、主にベテラン選手が得意とする戦法です。

差しで基本の艇番は主に、偶数艇2号艇、4号艇、6号艇が使う戦法勿論展開によれば差しにならないレース展開もありますが、この3艇は決まり手差しが多くなります。

捲り

競艇決まり手捲り

捲りとは、外側の艇が内側の艇を一気に飲み込んで1着になる決まり手です。スタートが早い選手が決めれる決まり手になっています。

決まりやすいコースとかは無いですが、スタートの早くてモーターの気力がいい選手は捲りで狙ってみたい選手になると思います。

捲り差し

競艇決まり手捲り差し

捲り差しとは、先ほど記載した捲りと差しが合わさった合わし技みたいなものです。1艇内側の艇を捲って、最後に最内を差すという決まり手で、これが決めれる選手は器用な選手や腕が上位の選手が多いです。
競艇で花形の決まり手になってます。

抜き

抜きとは、言葉のままで先頭艇をレースの中で追い抜いた場合の決まり手になっています。

恵まれ

恵まれとは、1着で走ってた艇が転覆や落水をしてしまったり、フライングを切った場合につく決まり手になっています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は競艇の決まり手についてお話ししました。
言葉でうまく伝わらない事もあると思いますので、YouTubeなどで動画もあるので一度見てもらうとイメージが湧くと思います。

是非これからも競艇を楽しみましょう。

1 個のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)