ボートレーサー試験合格からデビューまでの道のり

競艇選手試験合格からデビューまでの道のり

今回はボートレーサーになるまでに、どのような過程があるのかをご紹介していこうと思います。
今後ボートレーサーを目指している方や、最近ボートレースを始めて、どうしたらボートレーサーになれるのか気になる方も多いと思いますので、詳しくご説明していきたいと思います。

  • 複数の予想部隊編成で、特化した予想を日々提供してくれる!

    競艇予想サイトグリーンベレー

    グリーンベレー

    的中実績

    • 2月2日

      下関4R → 下関5R

      29万2,320円

    • 2月2日

      桐生3R → 桐生4R

      61万6,250円

    • 2月2日

      丸亀3R → 丸亀4R

      91万3,230円

ボートレーサー養成所受験

まずボートレーサーになるには全国に1つしかない、ボートレーサー養成者に合格しないといけません。
ボートレーサー養成所は福岡県柳川市にある、「やまと競艇学校」で1年間の訓練を受けなくてはいけません。
ではどのような訓練を受けるのか、受験内容はどのようなものなのかなど詳しくご紹介していきましょう。

受験内容

まずは応募資格ですが、15歳以上30歳未満の方は受験可能です。
身長は175センチ以下、体重は男性49〜57キロ。
女性44〜52キロなどなど細かく応募資格があります。
それをクリアーできている方は受験資格はあるので、受験可能です。

試験は1次試験〜3次試験まであります。
年2回入試がありますが、倍率は40倍程とかなり難関な試験をクリアしてようやく入所できます。
試験内容は1次試験が、学科と体力試験です。
学科は高校入試程度の知識が必要で、体力試験は基本的な運動能力の試験になります。
2次試験は体力試験と適応試験になります。

ここも体力試験がありますが、持久走や瞬発力の試験そしてボートレーサーとしての適応試験もあります。
そして最後の3次試験は、面接と身体検査になります。

養成所生活

見事試験をクリアしたら、今度は1年間の養成所生活が始まります。

「やまと競艇学校」は年2回の入学が行われますが、4月と10月に行われます。
入学してからは、外部との通信機器は一切持ち込みが禁止されます。
スマートフォンなどは養成所内では使う事ができません。
外部の通信で使えるのは、公衆電話か手紙しか外部と連絡する手段はないのです。

そして1年間みっちりとボートレースの基礎から教わります。
前期の半年はボートやモーターの基礎を習います。
後期はより実践に近い形で訓練を行います。

前期から後期に移る時には進級試験があり、これをクリア出来ないと、強制退学になります。
そして卒業が近づくとプロとしてやっていけるのかの最終チェックが行われます。

そして最後の資格検定試験が行われ、これに合格すると晴れてプロのボートレーサーになれるのです。
資格試験に落ちると、半年後に再受験するようになります。

  • 競艇予想のプロの買い目が365日無料で見れる!しかも毎日2レース!

    競艇予想サイト競艇バレット

    競艇バレット

    的中実績

    • 2月2日

      浜名湖5R → 浜名湖6R

      67万4,220円

    • 2月2日

      戸田8R → 戸田11R

      39万4,740円

    • 2月2日

      徳山11R → 徳山12R

      33万3,030円

養成所で受ける訓練

では、先程は卒業まで簡単に説明しましたが、詳しくどういった内容の、訓練を受けていくのかご紹介していきましょう。

試験に合格するだけでも40倍と難関な「やまと競艇学校」ですが、入学してからの方が大変です。
先程もご紹介したように、1年間通信機器は禁止スマホ、タブレット、パソコンなどの外部との通信機器の持ち込みは厳禁。

そして礼節を重んじているので、礼儀などは厳しく教え込まれます。
整列や行進などの訓練もあるようです。
そして朝6時に起床布団をしっかり畳み広場へ。
少しでも遅れると連帯責任。

そして布団や洋服など少しでも角がずれているとやり直しなど、普段の生活では考えられないような厳しい生活が1年続きます。

なぜこんなに厳しいスパルタ教育が未だに行われているのか、というと卒業してプロになる、そして少しの油断が命取りになるボートレーサーになるのだからこれぐらい厳しくするのは当たり前との考えのもとのようです。

礼儀は勿論ですが、座学ではモーターについての勉強や気象学、電気工学、整備学などなど。
実技ではボートの操縦から複数旋回、スタート練習、整備についてなど卒業する1年で全てを訓練していくのでかなり大変な1年になります。

ボートレーサーとしてのデビュー

そして卒業レースが終われば晴れてプロのボートレーサーとしてデビューの日がやってきます。
ボートファンなら分かると思いますが、プロとしてデビューしていきなり勝てる程ボートレースは甘くありません。
新人は6コースからの進入が暗黙のルールのボートレースなので、6コースからはそんなに簡単には勝てません。
勝てずに辞めていく選手も多くいるボートレースの世界ですが、今賞金王で活躍する選手も全て初はアウトコースの戦いを勝って今のポジションにいます。

デビューしてから皆な最終は賞金王を目指す為に戦います。
初めての1勝がどのレースの1勝より重たい1勝になるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか、駆け足でボートレーサーになる為をご紹介しましたが、かなり厳しい世界ですがやりがいはありそうな仕事ですよね。

平均年収は1500万円と高い給料のボートレーサーですが、精神的にはデビューまでが厳しい訓練を受けて選手はデビューしています。

簡単にはボートレーサーになれない事がわかっていただけたと思います。

初めて知った方は今後デビューするルーキー達もこのような厳しい訓練を受けてきたと見る目が変わってきたと思います。

競艇予想に迷ったら

悪徳競艇予想サイトだけは絶対に登録しないでください。
80以上の競艇予想サイトを検証して、『実際に稼げた優良競艇予想サイト』のみを紹介しています。

本当に稼げた!優良競艇予想サイト

お奨め競艇予想サイトの評価基準

  • 各サイト無料情報30以上、有料情報10以上検証し実際に稼げたサイト
  • 他の口コミサイト約30サイト検証で高評価を得ているサイト
  • 問合せ等のサポート体制がしっかりしていたサイト
  • 競艇予想サイト競艇エキスパート

    競艇エキスパート

    的中実績

    • 2月2日

      戸田9R → 戸田10R

      15万7,300円

    • 2月2日

      平和島11R → 平和島12R

      27万5,400円

    • 2月2日

      芦屋11R → 芦屋12R

      39万1,650円

  • 競艇予想サイト競艇バレット

    競艇バレット

    的中実績

    • 2月2日

      浜名湖5R → 浜名湖6R

      67万4,220円

    • 2月2日

      戸田8R → 戸田11R

      39万4,740円

    • 2月2日

      徳山11R → 徳山12R

      33万3,030円