競艇モーニングレースについて

競艇コラム

今回は競艇で行われているモーニングレースについて書いていこうと思います。

モーニングレースとは?どんなレースが行われてる?などなど色々あると思いますので少しでも読んでいただければと思います。

モーニングレースとは

まず、モーニングレースとはどういったものなのか、競艇に馴染みのない方ならなかなか理解出来ないと思います。
なぜなら、朝の9時前から競艇の第1レースが始まるのです。
普通ギャンブルに馴染みのない方なら、早いと思いますよね。
ただ競艇好きな人なら仕事に行く前に一勝負も出来てしまいます。
それがモーニングレースなのです。

行われている場

ではどこの競艇場で行われているのか。
最近は数が増えて結構な数の競艇場で行われています。
まず南から佐賀県の唐津競艇場、福岡の芦屋競艇場、山口の徳山競艇場、徳島県の鳴門競艇場、福井県の三国競艇場と計5つの競艇場で開催されています。

(三国競艇は4/1〜9/30、鳴門競艇は10/1〜3/31がモーニングレース開催期間)

どのようなレースなのか?

ではどのようなレースが各場行われているのでしょうか。
詳しくはまた後日書きますが、各レース場売り上げをあげようと企画レースが多くなっています。

  • 本当に朝から競艇をする人がいるのか?

では朝の8時過ぎから1レースが始まって、14時過ぎで12レースが終わるというのが、モーニングレースの簡単な流れではあるのですが、そんなに朝早くから、本場に足を運んで見る人や買う人がいるのかと、思われる方もおられると思いますが、実際は本場に行く人は少ないでしょう。

ただ今の時代本場に行かなくても、スマホ一つで舟券は買える時代なのです。
インターネット投票の売り上げで持っているのです。
それも通常のレースより売り上げは上がるみたいです。

  • 朝一からレースをすると12時間!

朝の第1レースから始めると、他のナイター場までやると、最大で12時間競艇漬けでレースが出来てしまうのです。
しかも本場でもそれが可能になってしまうのです。
福岡県の芦屋競艇であれば、芦屋競艇が終わればそのままナイター場の福岡の若松競艇がちょうど1レースから出来ます。
距離も車で約20分なのでちょうど1レースに間に合ってしまうのです。

まとめ

いかがだったでしょうか、モーニングレースは以外とやってみると面白いので、是非お気に入りの場を見つけてやってみてください。
本場で12時間やってみるのも面白そうですね。


口コミを書く

不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)