埼玉新聞社杯2日目展望

昨日から始まった、埼玉新聞社杯初日の結果は、配当面を見ると穴党の方には少々物足りない結果になったかと思います。

万舟も2レースのみ、やはり戸田らしくセンター勢が勝つレースが多かったものの、平均配当も4000円程と初日にしては落ち着いた結果になってしまいました。穴党の人は明日以降に期待ですね。

話をレースに戻すと、8レースでA級の須藤と権藤がフライングで痛い勇み足になってしまいました。二人とも初日にしては足色は良かったので期待もしていたのですが、そして連勝を飾った選手もおらず、二人がフライングしたことにより明日以降混戦が続きそうな予感です。

明日以降活躍に期待が持てそうな選手は石渡鉄平6レースでの捲り一撃、10レースは展開不利で5着になったものの決して足色自体は悪くはないので明日以降が非常に楽しみです。

そしてもう一人は女子レーサーの田口節子5レースではインから逃げて快勝、そして12レースもいい伸びで2号艇からのツケマイ決まりはしなかったが伸び自体はいいと思うので明日以降が楽しみです。

2日目は天気が曇りで気温も今日より下がる予報なので機力変化もあると思うので、展示気配は要注意ですね。

口コミを書く

不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)